【マーシャルアーツ堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家、三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介

【マーシャルアーツ代表、堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家の三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介

『闘う弁護士』をご存じだろうか。
この異名を持つのは、弁護士法人Martial Arts(マーシャルアーツ)の代表であり日本の弁護士、投資家、そして元プロ総合格闘家である“堀鉄平”氏だ。

多彩な才能をもつ堀弁鉄平氏は自身のYouTubeチャンネルや不動産投資塾などで豊富な知識を活かし幅広いコンテンツを展開している。
非常にためになるので、ぜひ見て欲しい。

またYouTubeでは格闘家の堀鉄平としても活動しており、有名格闘家とのコラボなどファンにとってたまらないコンテンツも投稿している。

多様なバックグランドを持つ堀鉄平氏から学ぶことは多い。
きっと転職活動に役立つこともあるだろう。
そこで今回は堀鉄平という人間についてご紹介する。

闘う弁護士!堀鉄平とは何者か?

【マーシャルアーツ代表、堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家の三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介画像引用:X

闘う弁護士こと堀鉄平氏は兵庫県出身の1976年3月28日生まれ。
愛知県立旭丘高等学校を経て、中央大学法学部卒業。

2002年に司法試験合格し2004年10月に弁護士登録後、3年間の勤務弁護士を経て東京港区にて独立開業した。
現在は大企業からベンチャー企業まで100社を超える企業の債権回収業務や顧問を務めている。

得意分野は債権回収、遺産相続、不動産。
異名は「闘う弁護士」のほかに「法曹界の最強戦士」や「人権派柔術弁護士」とも呼ばれている。

堀鉄平氏のプロフィール

【名前】堀 鉄平(ほり てっぺい)
【通称】法曹界の最強戦士、人権派柔術弁護士、闘う弁護士
【生年月日】1976年3月28日(47歳)
【出身地】兵庫県
【身長】176cm
【体重】73㎏

【経歴】
1999年 愛知県立旭丘高等学校を経て、中央大学法学部卒業
2002年 司法試験合格
2004年 第一東京弁護士会登録
2008年 前田日明主催「THE OUTSIDER」参戦
2009年 弁護士法人マーシャルアーツ設立
2011年 総合格闘技団体「RINGS」とプロ契約
2019年 「弁護士堀鉄平の不動産投資塾」をスタート
2019年 HORIJUKU株式会社を設立

参考:堀鉄平│Wikipedia

堀鉄平氏が代表を務めるマーシャルアーツについて

【マーシャルアーツ代表、堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家の三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介画像引用:マーシャルアーツ

堀鉄平氏は弁護士法人Martial Arts(マーシャルアーツ)の代表である。

マーシャルアーツは、交渉→控訴→保全・執行の全局面で闘える弁護士が揃っており、法人から個人の日常生活に関する相談まで幅広く対応している。

基本理念は、依頼者のために相手方や裁判所と徹底して「闘う」こと。
「闘いたい」と思っている依頼者の期待に応えるべく所属弁護士・全事務職員で奮闘しているようだ。

弁護士法人Martial Arts(マーシャルアーツ)の弁護士はお客様に下記事項を約束している。

  • 闘う弁護士としての自覚を持っています。
  • 顧客のために闘う戦略を試行錯誤します。
  • 情熱を持って戦略を遂行します。
  • 戦闘力を高めるために日夜努力します。
  • 顧客のためになるのであれば、裁判所や相手方と衝突することを厭いません。

堀鉄平弁護士をはじめマーシャルアーツの弁護士は一人一人が“闘う”という意識を持っていて、それがマーシャルアーツのひとつの強みなのだろう。

不動産投資家としての堀鉄平とは?

【マーシャルアーツ代表、堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家の三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介画像引用:弁護士 堀鉄平の不動産投資塾

堀鉄平氏は不動産投資家の顔も持つ。
都心に新築RCを土地から建てる投資手法によって、7年間で30億円もの売却益を生み出すことに成功した。

そのノウハウや経験を座学として伝授している場が、堀鉄平氏が塾長を務める「不動産投資で人生を変える」ための塾、通称『堀塾』だ。

堀塾は一人デベロッパーの養成を目的としており、投資のノウハウに加えて金融機関・工務店の紹介といった実践的なサービスを提供している。

堀鉄平の不動産投資塾「堀塾」の特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀 鉄平(@teppei.hori)がシェアした投稿

 

堀塾の特徴は、

  • 毎月実践的な講義を東京と大阪で開催
  • 運営のサポートで初心者でも安心
  • 塾生仲間で情報交換できる

特徴①:動画講座でインプット

東京と大阪で開催している全6回の基礎講座では、投資哲学から投資戦略・税務対策まで投資の勝ちパターンを学ぶことができる。WEB参加も可能。
後日録画視聴ができるので、インプット学習でしっかり学ぶことができる。

特徴②:最新情報が揃うコミュニティ

堀塾では基礎講座・定例会の後に塾生で懇親会を開催している。
投資の有益な情報交換をはじめ金融機関の情報交換など塾生同士の交流を深めるとともに互いに知識を共有し合うことができる。
また、塾生が建てた物件の内覧会や合宿(2022年は札幌、沖縄、熱海、ハワイの4か所で開催)など様々なイベントが用意されている。

特徴③:堀塾ならではのサポート体制

一人デベロッパーとして高い利回りを得ることができるよう、土地を仕入れるところから、不動産を開発して売却するところまでの全体の流れを堀塾が一貫してサポートしてくれる。

こうしたサポート体制のおかげか、堀塾塾生の実績は凄い!!
堀鉄平氏のノウハウはセミナーで聞くことができるので、興味がある人は参加してみてはいかがだろうか。

【マーシャルアーツ代表、堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家の三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介画像引用:堀塾セミナー

堀塾体験セミナー~新築RCの一人デベロッパーを育てる弁護士堀鉄平の不動産投資塾~

格闘家としての堀鉄平とは?

【マーシャルアーツ代表、堀鉄平】弁護士・投資家・元格闘家の三足のわらじを履く”闘う弁護士“を紹介画像引用:YouTube│堀塾ちゃんねる

堀鉄平氏は格闘家としての顔も持つ。
ブラジリアン柔術をバックボーンに持ち、いくつもの試合に出場。
これまでの通算戦績はプロ・アマ合わせて15勝11敗と悪くない数字だ。

それにしても格闘家として闘う姿もかっこいい。
闘う弁護士という名がぴったりだ。

そして堀鉄平氏は、RIZINで活躍する格闘家の朝倉未来&朝倉海兄弟を発掘し格闘家への道を切り開いた後見人でもあり、朝倉兄弟や白川陸斗、ヒロヤなど名だたる選手が所属する『JAPAN TOP TEAM(JTT)』の運営も担っている。
ときには自ら朝倉兄弟の試合のセコンドに付くこともあるのだそう。

朝倉兄弟も堀鉄平氏のことを恩師と慕っている。
朝倉兄弟の強さや人気の裏には堀鉄平氏の支えがあるのだろう。

実は堀鉄平氏が代表を務める弁護士法人マーシャルアーツの名前は、日本語の「武芸」を英訳した言葉である。
マーシャルア―ツの基本理念は「相手のために闘うこと」と紹介したが、弁護士という職業はボクシングと精通しているものがあるのかもしれない。

まとめ

今回は堀鉄平氏について紹介した。
人は取捨選択して夢を諦めてしまうことがあるが、堀鉄平氏は弁護士・不動産投資家・格闘家の三足のわらじをはいて自分のやりたいことを続け理想を追い続けてきた。

「闘う弁護士」という名が相応しい男性だ。

今後も精力的に活動していくことだろう。
堀鉄平氏のInstagramX(旧Twitter)YouTubeでは堀鉄平氏の活動や様子について投稿されているので、みなさんも定期的にチェックしてみてはどうだろうか。